ADSLと光回線の比較

固定回線としては現在、選択肢としてほぼADSLか光回線かの2択となります。ネット契約の観点から比較するのであれば、ADSLと光回線の選択は「費用と性能のバランス」「居住地と電話局の距離」という事に要約できます。少し詳しくそれぞれの技術的特徴などを見ていきますと、まず、光回線には「回線速度」という重要なアドバンテージがあります。光回線は信号同士が干渉しないという重要な利点があり、送受信機器の性能の許す限りにおいて信号を密に、複合化させて送ることができますので、その分回線速度が上がり、帯域幅も広く取ることができます。このノイズと減衰によって生じるエラーを是正する関係上、ADSLはどうしても電話局から離れると急速に回線速度が落ちるという性質を持っています。(通信先によって実際発揮される速度は変わってきます)電話局から遠い場所で、十分な速度のネット契約をしようと思えば、自然と光回線が有力な候補になってくるでしょう。

以下引用
エリアに対応しており、コスト的に問題がなければ、最も利用価値が高いのは「光回線」となります。 ただし、高額ではないものの、インターネット利用頻度が少ない場合は割高に感じられること、まだまだ日本全国全てのエリアに対応しているとは言い難い点がデメリットと言えるかもしれません。 光回線ほどのスペックはないものの、安価に収まるブロードバンド回線としては「ADSL」回線が有名です。

ネット回線を比較して失敗しないネット回線の選び方やポイントなどを紹介しています。

こちらのサイトを参考に失敗しないネット回線選びをしてみてください。